中途採用支援システムのメリットとは

人材を採用する上で重要なことは、数合わせ的に雇用するのではなく、各部署が真に必要とする人材を雇用し配置することです。そのためには、社内の雇用状況を分析し、人材面における各部署の強み、弱みを明確にするとともに、それに基づいた採用計画及び採用基準を確立することです。しかしながら、多くの事業所では中途採用の雇用事務に追われ、応募者のデータすら十分に整理できていないのが現状です。
そこで、中途採用支援システムを導入して、応募者の採用管理や入社後の実績を管理する手法が注目を集めています。具体的には、応募媒体、応募者の氏名・学歴などの基礎データを一元化し、採用試験の実施状況や合否の判定、内定通知の発出状況、入社後の実績をシステムに加えていくことで、今後の中途採用業務に活かしていこうというものです。

中途採用による要員確保が必要となった理由

長く続いた日本経済の不況により、多くの企業では、リストラや新規採用を一定期間凍結することを軸とした要因対策を行い非正規社員を増やしてきました。その結果、各企業では中堅社員が育っていない状況に陥っており、企業としての体力が著しく低下しています。また、非正規社員が増えたことにより、職場における緊張感も希薄となっています。
こういった現状を打破する為に、各企業は中途採用に活路を見出そうと取り組んでいるところです。しかしながら、競合他社においても同じ状況が生じていますから、人材確保についても厳しい競争が繰り広げられています。そこで、各企業は迅速かつ効率的に優秀な人材を確保する術を模索しており、その解決策として中途採用に応募してきた求職者のデータ管理が注目されているのです。

中途採用支援システムの概要とメリット

中途採用の雇用事務の流れは、求人媒体に広告を掲出し、その媒体ごとの応募者のデータを取りまとめ、選考試験を実施し、合否判定を行った上で、内定通知を発出していきます。多くの企業では、採用担当者がパソコン上で管理はしているものの、社内でデータ共有ができていないため、採用事務の進捗状況が明確ではありませんでした。その結果、内定通知が遅れ、競合他社に人材が流れる事も少なくありませんでした。
これらのデータを一括管理の上、共有できますから、採用事務の進捗状況が明確になることに加え、求人媒体ごとの合格者数や入社後の業績も明確になりますから、選考基準の見直しをはじめ、求人媒体の分析も行うことができますから、次回以降の中途採用に応用することが可能となるのです。

アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」を運営しています! メールでのお問い合わせは1~2日中に対応させていただきます。 有料求人媒体の集中購買ができる為、採用スピードをあげることができます。 本社は東京都中央区日本橋にあります。 外国人の採用をしたい企業にも安心! 日本人材ニュースONLINEに「時代を勝ち抜く人材採用」の書評が掲載されました。 お電話での問い合わせも受け付けています。 時間効率を向上・コスト削減する中途採用支援システムをご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加