外国人労働者の雇用をサポートする中途採用支援

日本国内における少子高齢化は、年々、加速度を増しており、労働市場に大きな影響を与えています。加えて、長年続いた経済不況の中で、早期退職やリストラ、新卒採用者数の抑制、社員の非正規化といった要員対策を行なったことで、社員の年齢構成は非常に偏ったものとなっています。 こういった現状を打破するため、各企業の採用担当に置いては新卒採用枠の増加、中途採用の促進に取り組んでいますが、元来、企業の採用部門は古い考え方から抜け出せない体質にあり、思い切った対策ができないのが実態です。そこで、各企業の人事採用部門のコンサルティングに特化した業者に、採用管理全般をアウトソーシングする企業が増えています。そして、その対策の中で注目されているのが、外国人労働者の受け入れです。

企業の採用部門の弱点と克服するための方策

企業の採用担当者においては、新卒採用や中途採用枠をかくだいすることによって、要員確保に努めてきましたが、従来型の求人広告や職業紹介の募集に終始するだけで、効果的な対策ができていません。さらに、若者の気質は年々変化しており、中途採用者にしても求める労働条件も変化していますが、その変化についていけないのが実態です。そこには、変化を嫌う採用部門の古い体質が残っているのは言うまでもありません。 中途採用支援サービスは、様々な業種、企業の採用管理をサポートしてきた経験やスキルに基づき、古い慣習や体質にとらわれず、企業にとって必要な人材を確保することに特化した対策を提案します。そのため、企業内では考えられない大胆かつ効果のある要員対策が実現できるのです。

外国人労働者の現状と受け入れることのメリット

近年、中途採用支援サービスが着目しているのが、外国人労働者の受け入れです。すでに、介護職や製造業などでは取り入れられていますが、最近では技術職や営業部門においても採用され大きな成果を上げています。しかしながら、その反面、生活習慣や言葉、ビジネスに対する考え方の違いから、良い結果が出てこないケースもあります。また、就労ビザの問題など手続き面でも煩雑なことから、敬遠する企業も少なくありません。 しかしながら、外国人労働者は勤勉であり、職場に新たな発想を持ち込むことも少なくありませんから、企業が求める人材とマッチングすれば大きな戦力となることは間違いありません。そこで、中途採用支援サービスでは、企業と外国人労働者の架け橋となり、諸処の手続きはもちろん、採用後のケアも行うことによって、企業の戦力となるようサポートしているのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加