労働条件で給料だけを重要視しない中途採用支援

日本を直撃した不況は、企業の雇用形態を大きく変えることになりました。中堅社員を中心に早期退職を募り、新卒採用数を抑え込んだことにより、多くの企業では高齢化が進んでおり、若い社員が入社しても、彼らに仕事を教える人材が少なくなっています。さらに、非正規社員を増やしたことにより、社員全体のスキルが低下していることも否めません。 さらには、少子高齢化が進んでいることにより、新卒の応募数そのものが減少していることも、各企業における要員確保をより難しいものにしています。そこで、各企業の要員対策として重要視されているのが中途採用です。スキルや経験があるにもかかわらず、フリーとなっている人材を雇用して、要員不足を解消しようとするものですがリスクを伴うのも事実であるため、中途採用支援が注目を集めているのです。

中途採用が失敗してしまう要因とは

中途採用枠の拡大は、多くの企業で検討、実施されています。そのため最近では、業種ごとに転職サイトが開設されており、多くの企業が求人広告を掲載し、再就職する人々が増えています。しかしながら、そのノウハウが確立されているとは言い難く、企業、労働者ともに、必ずしも良い結果が生まれているわけではありません。 そこには、企業の求める人材と労働者のスキルや経験がマッチしていないこと、また、労働者が想像していた労働条件や職場環境が異なっていたことが原因と考えられ、労使とも大きな損失を被ることになってしまいます。したがって、中途採用支援では企業が求める人材について、経験、スキル、年齢、性別、仕事に対する考え方など、様々な観点から分析して明確にしていくことに重点をおきます。

中途採用支援の具体的な手法とは

企業が求める人材を明確にした後は、労働条件を確定させていきますが、最近の求職者の傾向としては、給料よりも休暇や休日、時間外労働時間といった職場環境や福利厚生面に重点をおく傾向が強いことを念頭において作成するとともに、募集広告については求人媒体を吟味し、業種に特化したものを中心に、採用率の高い媒体を選びます。 また、採用事務については、個々の担当者が管理するのではなく、社内LANなどにシステムを構築し、社内で一括管理することで、事務の遅れを防ぎ効率的な事務推進を図ることとしています。特に、内定通知の遅れは、優秀な人材を競合他社に先に雇用されてしまう自体にもなりかねませんので、慎重かつ迅速な対応が必要になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加